看護師お悩み相談室

スポンサード リンク
相談を新規投稿する

結婚式後の辞職について

<2019年07月17日 受信>
件名:結婚式後の辞職について
投稿者:Hana

はじめて相談させて頂きます。
一年ほど前に結婚式を挙げたのですが、旦那が会社関係の人も呼ばないといけないと言い張り、仕方無く私も病棟の師長や主任さん、同期を呼んで式を挙げました。
その時は寿退職などは考えていなかったのですが、最近になって今の職場を変わりたいと思う気持ちが強くなり退職を考えるようになっています。理由は仕事の多忙さや人間関係ですが、結婚式を挙げてまだ1年程度しか経っておらず、いつ退職届を出すべきか悩んでいます。一般的に結婚式を挙げてどれくらいの期間が空けば祝儀泥棒とか思われないでしょうか?

スポンサード リンク

No.1
<2019年07月17日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

式から丸1年も働けばいちおうの義理は果たしたと思っていいんじゃないでしょうか。今年度末で退職するのがきりがよさそうですね。

でも「仕方なく」呼んだって書いちゃうのは何だかな。それ本題に必要な情報ですかね。人間関係悪い職場なら早めにやめたって問題ないと言われたいのかな。
貴重な休日つぶして、身支度とご祝儀に安くないお金使って仕方なく呼んでやったよばわりされるなんて、アタマ数合わせのお義理の招待なんてほんと行くもんじゃないなと思いました。招かれる側だって、親しい相手じゃなければ長く勤務しようと早々に退職しようとお祝い事だから「仕方なく」、ご祝儀「払わされた」感が本音ですよ。


No.2
<2019年07月17日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

1年も経てばいいんじゃないですか?
祝儀泥棒とか嫌な言葉ですけど、どんな状況でも言う人は言いますからね。
旦那の意向で家庭に入ることになりましたーとか言っておけばいいでしょ。


No.3
<2019年07月17日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

寿退職の新婦は職場の上司や仲間を呼ばない、呼べない職場ですか?
けっこう寿退職でも招待してますよ、そんな考えはなかったから驚きました。
私だけが、暢気なのかしら。


No.4
<2019年07月18日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

招待する側も結構気を遣いますよね。
それはそれとして、寿退職の人に向かって祝儀泥棒とか言うような職場には遠慮なんていらないですよ。一年経ってるならいつ辞めてもいいと思います。


No.5
<2019年07月18日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

私は古風なのかもしれませんが、
結婚って永遠の愛を誓い、披露宴は本当にその愛を心許せる方々にお披露目はもちろん末永く見守っていただくことだと思っています。頭数や世間体で上司や同僚を呼ぶのは違うと考えています。上司が尊敬できる方や同僚がプライベートでも永劫お付き合いできる方々であるのであれば披露宴でともに冠婚葬祭のセレモニーを過ごすことに意味はありますがそうではないようなので、新郎新婦の考え方でしかありませんが大事な時間をそんなに浅はかなものにしてしまうと今後の生活も薄っぺらいものでしかないように思います。
他人様の生死に関わる仕事をしているからこそ、自分のセレモニーは心の通ったきちんとしたものにしたい、とお考えになっていれさえすれば今、このような思いはしなかったし、「専業主婦になります」の一言で退職できたはずです。結婚退職してしまえばよかったのに、と思います。披露宴でそこのあたりを主様の上司に見抜かれて認識されてしまわれてはそれも難しいでしょう。
都合のいい話は恨み嫉みを買います。一番いいのはその上司が異動や退職のタイミングが義理を果たしたことになります。
それにしても披露宴に足を運んでいただきご祝儀をいただく意味を軽々しく、あなたの親なら「未熟者」と喝を入れたいです。あなたが職場関係で呼ばれる立場になった時には快く祝って差し上げてください。


No.6
<2019年07月22日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

お祝い金を持参し披露宴に出席することの尊い意味を認識できていないのですね。お祝い金は金額ではないのはお分かり、ですよね。
披露宴に呼ぶ呼ばないが世間体や人数合わせにしてしまった主様のお考え方が。。。ご主人様のお仕事がご立派で今後の出世や人間関係の潤滑油としてご招待した、というのは仕方のない世間体なのはわかります。またはかわいい、または自慢したいほどの主様の容姿を紹介したいお気持ちもわかります。だからってご自身が終身勤めていたいと思っていなかった職場の人を呼ぶとなると。。。

お式の前にご夫妻のお話合いのすれ違いが今後の生活の傷にならないようにどうかお互いの心情をよくくみ取り入れながらお幸せにお暮しください。子育てや介護や自分たちの老後においても世間体を軸にしてしまうと自分たちで首を絞めていくことになりますけど、その第一歩を歩み始めてしまったようなものです。
仕事を辞めるのも結婚するのも自身の勝手。呼ぶのも呼ばれて出席するものその人の勝手。心の通わない無責任で自分勝手な人生にならないようにしましょう。
どうしてもいまのセクションが難しいのなら「異動願」を。


No.7
<2019年07月25日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

今、家庭との両立に負担を生じているのでしょう。独身の時の気ままな生活時間ではないですものね。今後お子様を授かるとさらにその思いは強くなることでしょう。ハッピーなはずなのに心身休めずにいると余裕がなくなり今までスルー出来たことも心痛めることがあります。ただ、そうした未来予想図を描くためにも、すでに結婚なさっているご友人や育児と両立されている先輩や上司の方に結婚の話が決まってきたときに伺うべきでした。伺ったかもしれませんが我が事に置き換える想像力がなかったのかもしれません。今からでも遅くはないので、退職する方向で相談するのではなくて続けていくにはどうしていけばいいのかをご相談してみてほしいと思います。経験から培った知恵を授けてくれると思います。とにかく今までよりも1~2時間早く就寝して体を休ませる習慣をつけましょう。
多分、ご主人のご協力不足やご自身の不慣れな結婚生活の戸惑いからのことなのでそうしたことの是正をしていくことから始めることになるでしょう。仕事はいつでも辞められるしライセンスがあるので転職も容易でしょうがもとはといえばご自身のプライベートの変化です。祝っていただいた職場の人に義理を仇で返すようなことはなさらないほうがよいと提案します。人から恨みを買うようなリスクも幸せな家庭生活を脅かすものは軽減したほうが良いかと。それでもご自身無理な時には退職よりも異動や時短パートの変更でしょう。

 
スポンサード リンク

相談を新規投稿する
スポンサード リンク

サイト内検索

検索

看護師お悩み相談室HOME