看護師お悩み相談室

スポンサード リンク
相談を新規投稿する

特養での医療行為について(違法だと分かっていてしようとする施設の方針をどう受け入れたら良いのか戸惑っています)

<2014年03月22日 受信>
件名:特養での医療行為について(違法だと分かっていてしようとする施設の方針をどう受け入れたら良いのか戸惑っています)
投稿者:ひろ

私は現在、オープンを控えてる特養の看護師としてオープン前研修を受けています。
特養の前は老健で勤務しており、特養と老健の違いは医師が常駐していないことくらいだと認識していましたが、研修していく中で特養と老健との違いが明確になりとても困惑しています。

一番は、施設内での医療行為についてです。
老健は入所中の利用者は介護保険のみしか使えないので、老健での医療行為にかかる費用は全て施設持ちです。
特養は、入所中の利用者は介護保険も医療保険も使えますが、特養での療養の給付に関する通知で、『特養の看護師が行う医療行為については診療報酬として算定できない。』という法律があるようです。

つまり、特養の施設内で特養の看護師が注射や点滴を行う際は薬剤料や医療材料費がかかってきますが、それらが算定できないので、嘱託医の医師又は嘱託医の診療所の看護師に往診に来てもらい点滴してもらうか、嘱託医の診療所を受診してそこで点滴してもらうかのどちらかになります。
もし、どうしても施設内で特養の看護師がしなければならない場合は、全て施設負担でやらなければならないということです。

もし、特養での医療行為が算定できるとしてしまえば日常生活の中のありとあらゆる医療行為が算定でき、医療保険制度が破綻してしまうため、どこかで制御しないのいけないのは分かります。

が、やはり特養でも重度な利用者が増えてきており、施設内で特養の看護師が医療行為をせざるを得ない状況も多々あります。

私の特養では、施設の方針として施設負担で点滴等はやらないということでスタートするそうですが、1人だけ毎日皮内注射が必要な方を受け入れるそうで、その方は認知症で自己注射が無理なため特養の看護師が行うことになるのですが、どうも嘱託医が処方した注射薬(診療報酬として算定したもの)でしていくつもりのようです。つまり、違法です。

私はその特養の看護師として違法だと分かりつつ、処方された注射薬で医療行為を行うことが不安でたまりません。何かトラブルがあった時に個人単位で訴えられる時代ですし、自分の資格に傷がいくようなことはしたくありません。

しかし、近辺の特養ではそのようなことを当たり前に行っている特養もあるようです。
全国の特養で勤務されている看護師の皆さん、皆さんが勤務されている特養の実態はどのようなものでしょうか?私と同じようなことで悩まれている方はいませんか?

利用者の役に立ちたいという思いはあるのに、法律上ではできない。違法だと分かっていてしようとする施設の方針をどう受け入れたら良いのか戸惑っています。

よろしくお願いいたします。


スポンサード リンク

No.1
<2014年03月22日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

よくわからない者が口出しするようで大変申し訳ありませんが、それは本当に「違法」なのでしょうか?「違法」なのではなく「算定できない」だけなのではないのですか?違法というのは、その医療行為を看護師ではなく介護員が行った場合や、医師の処方なく看護師が行った場合、または、算定できないのに算定した場合をいうのであり、あなたの相談内容は違法ではないと思います。私はデイサービス経験者ですが、特養の経験はないので、確かなことは言えませんが、デイサービスではやむを得ない状況の医療行為を算定できない中でやってきました。ただし、医師の指示をもらってからやりました。


No.2
<2014年03月22日 受信>
件名:無題
投稿者:ねこのさら

よくわかります。
私も、特養に3年半勤めてました。(3月に辞めたばかりです。)
要はコストが取れないって事ですよね。
それと、医療行為をしてはいけない。とは違うのでは?
提携病院や、医院(回診、急変時の受け入れ先)による、連携のあり方も、問題になってくると、思います。
私は、家庭の延長上と、考えて仕事していました。
家庭でできる事、して良い事は施設でも同じだと思います。

勤めていた所の例をいくつかあげると、フォーレ交換は本来看護師はダメですが、医師が来る日(週1回の回診、処方)に提携先の病院カルテに記載、医師が施行した。ということにしてます。

酸素吸入も医師の指示なくしては、使用できませんが、急変時は使ってます。

体調不良時は病院へ受信しますので、施設での点滴はありませんが、そのまま施設に戻って来る時は、抜針はあります。(看護師不在時は介護士がします。)

利用者様にとって、必要な事はあれだめ、これだめ、なんて言ってられないのではないでしょうか?

たぶん、働き始めると、受診、急変時、救急車要請、看取り等・・・。
沢山の問題が出てくると思います。

ちょっとは参考になりましたか?


No.3
<2014年03月23日 受信>
件名:匿名さんへ
投稿者:ひろ

回答ありがとうございます。
もちろん、看護師が医療行為をすることは違法ではないです。免許がありますから…。

私が問題だと思っているのは、診療報酬として算定された薬剤や医療材料を用いて、特養内で特養の看護師が行う医療行為についてです。
本来、薬剤や医療材料というのは手技料と一緒にしか診療報酬を算定できないそうです。つまりコストを取る場合は、受診して受診先でしてもらうか、嘱託医の医師に往診に来てもらい医師にしてもらうかのどちらかでないとダメなんですね。コストを取ったもので特養の看護師が医療行為をするのは法律で禁じられているんですね。

私も、施設が薬剤料や医療材料費を全て負担してくれるのであれば、医療行為にはもちろん応じます。
しかし、うちの施設は施設負担ではしたくない、だけども医療行為のある人を入所させたい、ならば本来はコストを取ってはいけないけれどもコストを取って特養内で医療行為をしよう、と考えなのです。

これは法律に違反していることにならないのでしょうか?
私の書き方が悪く伝わらなかったら申し訳ありません。


No.4
<2014年03月23日 受信>
件名:ねこのさらさんへ
投稿者:ひろ

回答ありがとうございます。
そうです、特養内で行う医療行為についてはコストを取れないということです。

私の書き方が悪かったのだと思うのですが、私の施設はコストを取ってはいけないものを取った上で、特養内で特養の看護師による医療行為をしようとしているということです。法律によると、特養の看護師が行う医療行為についてコストを取ってはいけないんですよね。

もちろん、特養内で医療行為が必要になってくる状況は多々あると認識しています。それ自体は全然いいんです。
ただ、特養の看護師が医療行為をするならば、算定してはいけないものを算定したりせずに、全て施設負担でしてほしいのです。
算定してはいけないものを算定するのは、明らかに違法ですよね?違うのでしょうか?


No.5
<2014年03月24日 受信>
件名:無題
投稿者:ねこのさら

上手く、理解できずにすみません。
算定してはいけないとおもいます。
その施設は、監査の時どうするんでしょうね?
しかも、施設の概要は、掲示しなくてはいけません。
その、書類上はどうするのでしょう?
要はお金かけたくないからという事ですよね
施設が全く負担なしではすまないと思います。

提携先はあるのですよね?
薬剤、医療材料などは、そこの、病院処方(入所者のカルテ)にて請求できますよね。
施設にもよりますが、施設負担となるのは、ガーゼ、消毒液、注射器、その程度だと思いますが?

誰の為、何の為のの施設なのか、勘違いしてませんかね。
入所してほしい、でも金はかけないでは、よいサービスには繋がらないと思います。

施設の方針と、ひろさんの考えがどうしても納得できないのなら、縁がなかったという事で、他の職場をあたってもいいのでは?
因みに、私も施設と、法人のやりかたに疑問を抱き辞めました。3年半頑張ったけれど、だめでした。


No.6
<2014年03月25日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

1番です。よくわかりました。算定できないのに算定するなら確かに違法です。監査で叩かれるのは当たり前です。上の者は違法だとわかっているんですよね?何を考えてるのかわかりませんね。でも、監査入る前に請求した国保連から「それって変」という指摘が来るのでは?国保連に請求せず、全額入所者が負担するならバレませんが…。もうちょっと様子をみてはどうでしょう。それと心配なのは、あなた自身がそのストレスから心を病んで良いケアが出来なくなることです。違法なことをしたくない正義感はわかりますが、そこだけにとらわれず、心にゆとりを持ってケアされるよう気をつけて頂きたく願います。私の職場も色々ありますが、したっぱの私の立場上どうしようもないこともあります。まずは患者さま、入所者さまに直接被害が及ばないことなら、立場にもよりますが、適度にスルーすることもアリです。


No.7
<2014年06月03日 受信>
件名:無題
投稿者:フムフム

私が勤めているところは、病院が経営している特養なので、往診という形で特養Nsが実施。点滴や注射、処置が「ここは病院か?」というぐらい、バンバンあります。輸血だってあります。これがいいのかどうかはわかりません。特養でこの医療度もどうかと思います(夜間はNsもDrもいないのに。。。)
往診という名でコストもしっかりとれているようですよ。

答えになっていなくてすいません。


No.8
<2014年12月18日 受信>
件名:無題
投稿者:やまんば

ひろさんの場合は違法ではないと思います。この場合は 患者自身がする自己注射を処方されているわけですから 患者が何らかの理由で注射できない場合は 家では家族が医師から十分にやり方の説明やトレーニングを受け家族が患者に代わって注射することになります。施設では家族の代わりに医師の説明やトレーニングを受けた施設のスタッフが注射することになり 看護士がいる施設では看護士が注射するのがベストになると思います。これは 患者自身が注射する自己注射に限ります。自己注射以外の注射は違法です。


No.9
<2015年05月12日 受信>
件名:診療報酬について
投稿者:ラブラドール好き

さぞお悩みのことと思います。

基本的にはNo.8さんの回答で良いのではないかと思っていますが、一点だけ。

今回の皮内注射ではなく、例えば点滴であっても、特養のNsが行った医療行為を診療報酬しているのは、医療機関なのですよね。

だとしたら、例えそれが違法であっても、監査の時に叩かれるのは医療機関の方ですよね。特養のNsとしては、施設の嘱託医(配置医)の指示に従っただけのことですよね。

介護の行政指導においては、嘱託医の方でどんな診療報酬を行っているのかまでみていきませんから、ご安心ください。


No.10
<2015年07月16日 受信>
件名:特養の医療行為
投稿者:匿名

特老の医療行為について疑問を持っています。
私の勤める特養では、提携病院で点滴を行ったとして特養に持ち帰って点滴をしています。点滴料も手技料も病院スタッフが行ったようにして病院の利益になっていますが、 特老ナースは上司の指示に基づき病院で行われるべき点滴を無償で行っています。針刺し事故などについては自己責任として特老では責任は持たないと言われました。こんなことが認められて良いのでしょうか。
上司の指示で行う医療行為における事故は労災扱いでも保証してくれるのは当然ではないのでしょうか。病院ナースも当たり前と思ってどんどん点滴採血指示をこっちに回します。他の業務もできないままに病院業務を無償でするのも辛すぎます。きちんと法律での範疇を明確にしてほしいし、特老ナースの業務範囲を明確にし生活の保障して欲しいです。
特老ナースの医療行為の範疇はどうなって


No.11
<2016年04月02日 受信>
件名:無題
投稿者:社会福祉法 経営職

それは、違法ではありません。


No.12
<2017年03月03日 受信>
件名:無題
投稿者:かりん☆

私も気になって調べた事がありました。私は医療機関の看護師をしております。訪問診療もしており、施設も回っています。看護師は医師の指示の元で医療行為ができるので指示があれば注射するのは構いません。ただ、施設の方がするとコストが医療的にとれないのです。だけど実際毎日、点滴が必要な人に医療機関がきてくれて点滴するのは大変なので施設の方にお願いしているだけなのです。だって、点滴を毎日在宅診療の方にするとなれば訪問看護をいれなければいけませんが施設的にもいれれないとこもありますから、そこは、施設の看護師の方に点滴をお願いするしかありませんよね。


No.13
<2020年09月13日 受信>
件名:手技料はとってはいけない事になっています。
投稿者:医師です

特別養護老人ホームでの医療行為は基本的にするところではありません。
医療行為をおこなうのであれば、施設持ち出しです。
出来と当時のコンセプトでその施設の特性で、特徴ですからしたがうしかありません。

 
スポンサード リンク
関連ワード
 

相談を新規投稿する
スポンサード リンク

サイト内検索

検索

看護師お悩み相談室HOME