看護師お悩み相談室

相談を新規投稿する

保清について

<2020年11月21日 受信>
件名:保清について
投稿者:ポチポチ

地域包括包括病棟で週2回入浴(ほぼ全介一部少し)介助はワーカーさんメインで問題患者はナースも一緒に介助しています。しかし現状からいってスタッフの人数が患者の介護度に追い付かず、離床、離床といってもそう簡単には、あがりません。またターミナルもいれば疼痛コントロール、レスパイト、OP後リハ、認知、徘徊、センサーコールなりっぱなし、陰部洗浄はポータブルトイレ使用者、おむつ、バルン挿入者は毎日しています。多分地域の病院は患者の入所判定も甘く経営一番。患者は拠点病院から選択肢の一つとして、入院し気持の整理をつけ、家族との繋がりの見直しなど色んな葛藤の中、入院して来て介助を要せば、決まっている入浴すらさせてもらえないと、患者も家族も憤慨するんですよね。当たり前ですよね。でも入浴できなければ介助シャワーやBB、手足浴、人数の調整もして入浴が安全に保清が平等に行えるように、工夫しているけど「入らせてもらってない」とクレームがでるんですね。また寒くなっていたら浴槽に浸かりたいんです。それがシャワーではダメなんです。看護師日勤4ワーカーさん3名、患者数24名 地域包括病棟で働かれている看護師さん、皆さんの病棟での保清を教えて下さい。

スポンサード リンク

相談を新規投稿する

サイト内検索

検索

看護師お悩み相談室HOME